TOP赤ちゃんの絵本>いないいないばああそび

いないいないばああそび

いないいないばああそび
木村 裕一(著)
偕成社;改訂版(1989/02)


何かのときに私の姉がプレゼントしてくれたものですが、0歳の頃から今でも大活躍の絵本です。

しかけ絵本で、手の部分をパタパタさせながら「いないいない〜〜」、めくって「ばぁ!!」とやってあげると、子供が大喜びするという1冊

中にはしかけが登場するのは、子犬のコロちゃんをはじめミケ、ピイちゃん、かいじゅうさん、ゆうちゃん、最後にママですが、ママにはちょっとしたしかけ(オチ?)があります。

また、紙が分厚いので子供がめくって指を切ることもありません。1歳になった娘は、私が相手できないときは自分でめくって「いのいいのい〜〜ばぁ!」とやって一人遊んでいます。それをコッソリ見守るのが母の楽しみです。

どちらかというと、読むよりもアクションすることがメインの本なので、読んであげる方も楽しくて一緒に楽しめると思います。私が持っているのはおでかけ版でコンパクトなタイプですが、たしか大判のものもあったはず。子供が気に入ったら、用途によって使い分けてもいいかもしれませんね。