TOP赤ちゃんの絵本>ころころころ

ころころころ

ころころころ
元永 定正(著)
福音館書店 (1984/01)


解説には2歳からとありますが、0歳から読んであげてほしい1冊です。「もこもこもこ」と同じ元永定正さんの絵本で、とにかく色がとってもきれい。

表紙がシンプルなので(この表紙も好きです)、表紙だけでは内容はよくわからないのですが、色とりどりの小さな“いろだま”が、「ころころころ」といろんな道を転がっていくお話です。

かいだんみち階段から始まり、赤い道、でこぼこ道、坂道、あらしの道、ときには落っこちたり、すべり台の仕掛けがあったりもします。
私の感想としては、「あぁ人生そのものかも」なんてオヤジ臭いことも思ったりしましたが、実は始点と終点が一番好きかもしれません(笑)

「ころころころ」という音感もいいので、娘に読むときには、坂道を登るときには上がり調子で、あらしの道では飛び跳ねるように、とか変化をつけてあげるととっても喜びます。一生懸命“いろだま”を手で触って追いかけています。

自分でも読める娘は「もこもこもこ」と並んでこの本が一番のお気に入りらしく、1歳をすぎた頃から、自分で開いては「こにょこにょ(ころころ)〜」と言って読んでいます。

それにしても、読んでいるうちに“いろだま”たちがなぜかおいしそうに見えてきてしまいました。
書店で見かけたら、ぜひ手にとって見てみてほしい絵本です。