TOP赤ちゃんの絵本>もこもこもこ

もこもこもこ

もこもこもこ
谷川 俊太郎 (著)、元永 定正 (著)
文研出版(1995/02)


0歳から楽しく読めます。
書店で私が一目ぼれし、娘も大のお気に入りの1冊です。

とにかく絵がきれい。色と構図はもちろんのこと、とても味わいのある色使いなので、絵画を眺めている気分で大人も楽しむことができます。

「もこもこ」と「にょきにょき」が出てきますが、どちらも語感がいいので、強弱をつけたりトーンを変えたりして読んであげると喜びます。

また、文字は「もこもこ」や「ぽろり」「ふんわふんわ」などの音だけなので、読む人が自由にストーリーを作ったり、子供にお話させたり、いろいろな楽しみ方ができるので飽きない本です。

指でなぞる娘は「もこもこ」と言うだけで喜んで寄ってくるようになりました。

あるページで、私が「ピュー」と言いながら指でなぞってそのまま娘の体に持っていき、コチョコチョ〜とやっていたら、娘もマネをしてなぞるようになりました。

他にも、頭をなすりつけるページがあったり、ナデナデするページがあったり、話がシンプルなだけに、読み手がアクションを考えながら読めるページがたくさんあります。

同じ元永さんの本で「ころころころ」もかなりおすすめです。こちらも1歳の娘が大のお気に入りの、楽しい絵本です。