TOP 育児コラム>ひらがな表記の育児

ひらがな表記の育児

わが家では、赤ちゃん言葉をなるべく使わないようにしています。ブーブーやワンワンなどの簡易語は、子供は言いやすくすぐ覚えてくれますが、後にまた正しい「車」「犬」などに言い換えをする時がやってきます。それなら、最初から正しい言葉で教えようと思ったのがきっかけ。

とはいえ、やっぱりいきなり「救急車」や「パトカー」も難しいので、漢字にひらがなをふるように、「ほら、救急車。ピーポーだねぇ」など両方の言葉を一緒に使うようにしています。保育園やおじいちゃんおばあちゃん、近所の方などによっても言い方が違うため、「ワンワンおるね」と言われてキョトンとしてしまったこともあり、いろんな言い方で一つのものを教えています。

2歳現在、擬音語で教えたものでも、結局は正しい言葉で一生懸命話しています。 車は、「ま!」から始まり、「くーま」「くるま」となり、ネコは「ニャーン」から「ネーコ」「ネコさん」、飛行機は「ブーン」→「ヒ・キ」「ヒコーキ」という感じです。

こう並べてみると、本人が、言いやすい言葉から勝手に選別して発音していくのかもしれませんね。