TOP 育児コラム>ぐずっているときほど近くに

ぐずっているときほど近くに

2歳を過ぎると、「自分でしたい」気持ちが成長し、本人なりのこだわりが強くなります。でも、まだ上手にできなかったり、親が先に手を出してやってしまったりすると、イライラして「キーー!!」となっている場面にたくさん遭遇することに。

性格もありますが、わが子の場合は、自分の中で納得がいかないことに対して、すごく怒ってよく泣き出しました。本人が気が済んで落ち着くまで、ほうっておくのがわりと効果的ですが、たまに「お母さんが来てくれないと泣きやまない」オーラを出していることがあります。

そういうときは、泣こうが抵抗されようがとりあえず抱きしめます(本気の抵抗は力加減でわかるものですよね)。そして、耳元で本人の気持ちを代弁してあげます。うまくできないことと同時に、うまく表現できないことも本人のストレスの元だからです。

私は、「○○の△△ができなかったね」「くやしかったね」「きっともう少しでできるよ」など、本人が「そうそう、それ」と思うようなことを話しかけています。それが正解かはわかりませんが、わが子はわりと落ち着くことが多かったです。